キッズメディカル59 「赤ちゃんの便秘症」

2017/03/08

 この程、梶原診療所小児科医の倉信均先生が管理栄養士の可野倫子(かの・のりこ)さんと共著で、食べもの文化12 月号別冊『乳幼児の便秘』を発刊しました。小児科医として多くの子供達と接して来られた倉信先生の貴重な体験症例に基づく乳幼児の便秘についての解説書で、大変読みやすい内容です。定価は1200 円ですが、今回は「組合員特別頒価」として1000 円でお頒けしています。購読ご希望の方は、倉信先生か梶原診療所外来看護師までお申込み下さい。

倉信先生から

 今回、小児の便秘について執筆しました。「便秘症は、よくある病気で大したことはない」と思われがちです。しかし、便秘症の子どもたちは、便をする時とても痛がったり、苦しんだりしています。放置していると何年も薬を飲まなくてはならなくなったり、手術をしなければならないこともあります。  便秘の起きる原因、治療について分かりやすく解説し、よくある質問に対する答も用意しています。