施設のご案内

梶原診療所は、高齢者医療・生活習慣病・保健予防を
プライマリー・ケアの三本柱として
地域のみなさまが、安心して暮らせる医療のパートナーを目指しています。

お子様の予防接種からお年寄りの往診まですべての年代のかたの保健・医療・介護のご相談に応じます。

概要

事業所名 梶原診療所(かじわらしんりょうじょ)
所 長 西本 明(にしもと あきら)
住 所 〒114-0004 東京都北区堀船3-29-9
大きな地図で見る
連絡先 Tel.03-3911-5171 Fax.03-3911-2996
インターネットによるお問い合わせ
診療科目 内科・外科・整形外科・小児科・放射線科・消化器科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科・リハビリテーション科
職員体制 医師:9名、看護師:30名、薬剤師:1名、放射線技師:2名、臨床検査技師:3名、
社会福祉士:2名、理学療法士:4名、作業療法士:4名、言語聴覚士:1名、管理栄養士:1名、
介護福祉士:3名、介護職員初任者研修:2名、事務:21名、看護助手:5名、運転手:8名
指定・認定 保険医療機関・労災保険指定・結核予防法指定・生活保護法指定・居宅介護支援事業所・在宅療養支援診療所・特定健康診査機関・プライマリー・ケア学会認定医研修施設
病床数 19床
診療時間
(外来)
月曜~土曜:午前 9時~11時
月・火・木・金曜:午後 13時~16時
金曜:夜間 16時~20時
休日:日曜・祝祭日・年末年始

梶原診療所館内図

  • fac_s01

    1F 外来診療・検査室・相談室

  • fac_s02

    2F 検診スペース・リハビリ室 

  • fac_s03

    3F 入院病棟・厨房設備・スタッフステーション

梶原診療所は在宅療養支援診療所です。

在宅療養支援診療所とは、24時間体制で訪問診療や訪問看護をする診療所のことで、平成18年の医療法改正で新設されました。当生協では在宅療養をされている患者様に対し、以前から訪問診療を実施しており、現在200名近くの方がご利用されています。
 今後、地域での医療は外来だけでなく自宅でのターミナルケア(終末期ケア)や慢性疾患の療養等への対応が期待されています。

在宅療養支援診療所の要件

  1. 保険医療機関たる診療所であること
  2. 当該診療所において、24時間連絡を受ける医師又は看護職員を配置し、その連絡先を文書で患家に提供していること
  3. 当該診療所において、又は他の保険医療機関の保険医との連携により、当該診療所を中心として、患家の求めに応じて、24時間往診が可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日を文書で患家に提供していること
  4. 当該診療所において、又は他の保険医療機関、訪問介護ステーション等の看護職員との連携により、患家の求めに応じて、当該診療所の医師の指示に基づき、24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保し、訪問看護の担当看護職員の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
  5. 当該診療所において、又は他の保険医療機関との連携により他の保険医療機関において、在宅療養患者の緊急入院を受け入れる体制を確保していること
  6. 医療サービスと介護サービスとの連携を担当する介護支援専門員(ケアマネジャー)等と連携していること

くらしの相談室

「くらし相談室」では、皆様の住み慣れた『地域』での生活を支援する為、ソーシャルワーカーが相談に応じております。
この様な時、「くらし相談室」ソーシャルワーカーへご相談ください。

  • 医療や介護サービスの利用について分からないことがある・困っている。
  • 医療費の支払いや、生活費のことで不安がある。
  • 医療保険・介護保険などの福祉制度について聞きたい。
  • 入院中・退院後の生活について相談したい。
  • 地域のボランティア活動に興味がある・実践したい。

その他、お困りの事がありましたら、お気軽にご相談ください。

診療機器の充実

CTはBrivoCT385を導入。高齢者や撮影条件の厳しい利用者様にご負担なく高速・高画質撮影ができるようになりました。
また頭部撮影で懸念される水晶体への被曝や、胸部撮影で懸念される乳房の被曝の表面線量低減、放射線感受性の高い臓器に対して選択的に線量調整もおこなえるCTです。